正社員辞めてみた

※ 6/23〜ブログ設定変更中につきエラーページが表示されます。お見苦しい点がありご迷惑をお掛けします…

未分類

みんなが自分に都合よく生きてもなんとかなると思うけどなぁ

2016/07/12

Pocket

「なんとかなる」は冷たい言葉なのかな

ちょっと前までは、自分がスーパー社畜だったから、会社で辛い思いをしている人に対して、寄り添えるような言葉を言えた。

 

86b70440d9ad42e4e49647d3d51cfaf8_s社会人2年目でサビ残月130時間の激務と理不尽を知った【新卒2年で会社を辞めた話 2】
新卒2年で会社を辞めた話 2。 前回の話  毎月サビ残130時間生活スタート社会人2年目の激務あっという間に4月になって、社会人2年目になった。4月からは...

 

もっと前は、自分が遊び呆けた無能な学生だったから、就活で辛い思いをしている人に対して、寄り添えるような言葉を言えた。

 

そして、今は、社畜だろうが就職浪人しようが、本気で、なんとでもなると思っていて、でも、それを言ってしまうと、相手にとっては、冷たい突き放す言葉だと思われてしまいそうな気がする。

 

f:id:hiyorico:20160218033914j:plain

 

なんとかなること

仕事がなくなったって、また働く場所はいくらでもある。人手が足りないところなんていくらでもある。

会社に勤めなくたって、収入は得られる。誰かの役に立って喜んでもらえる方法は、無限にある気がする。

借金まみれになったって、また普通の生活に戻れる。社会には、本当に困っている人を助ける制度がある。

 

入試でも、就職でも、そうだ。

私は、浪人したのに、また第一志望に落ちて。就職こそは成功させたかったのに、長時間労働に耐えられなくて、たった2年で辞めちゃって。でも、今、ちゃんと普通に生活している。

 

生まれ育った環境が悪くても、そうだ。

暴力的な父にも、自己中な母にも、もう関わりたくなくて、家を出たい一心で上京した。でも、今では、その環境のおかげで、色々な人の気持ちを考えるようになったと思うし、自分一人でやり遂げたこともあって、悪いことばかりではないなぁと思える。

 

元気さえあればなんとかなる

健康でなくなってしまうことだけは、用心しなくてはいけないと思う。

でも、もうダメなんじゃないかって思うような病気を乗り越えて、何事もなかったかのように、元気な暮らしに戻った人もたくさん見た。医療も人の生命力も侮れなくて、簡単には人生は終わらない。

 

事故と病気だけは、どうにもならないこともある。

でも、これだけは、頑張っても避けられるものではないし、いくら用心していたって、そうなるときには、そうなる。

それならば、過剰な用心をして、自分を制限してしまうのではなくて、最低限だけ気にしておけば、あとは忘れて、思いっきり、明るく楽しく過ごす方が良いんじゃないかと思っている。私は、もし、そういうことになったら、それが自分の運命だと受け入れて、諦めたい。でも、諦めるときが来るまでは、後悔の無いように、思いっきり生きていたい。

 

私は、やりたいことはやればいいし、疲れたら休んでいいと思う。健康な身体で、元気に過ごすのが一番大事だ。元気さえあれば、また、いつでもやり直せる。

25歳の年末、会社員時代のことを振り返ってみた【新卒2年で会社を辞めた話 0】

 

健康で元気なのが一番大事。それさえあれば、なんとかなる。重い病気の人をたくさん見て、自分もそこそこ追い詰めて、だから、身に沁みて思う。

 

せっかくなら良いことを考えたい 

もちろん、私が見てきた世界なんて、ものすごくちっぽけだ。そんなに気楽でいられない場合というのが、いくらでもあることはわかる。

人生には、どうしようもない、流れに逆らえない出来事も起きる。頑張っても報われないこともある。とても納得できないような、とばっちりを受けたり、誰かに裏切られたり恨まれたり。

 

でも、色々なことに、良い面と、悪い面があるなら、私は、良い面に注目したい。悪い結果の中にも、良いことを見つけたい。ほとんどが悪くても、ほんの少しの良いことを追いかけたい。そう思う。

自分で書いていても、なんか、夢みたいなのぼせた話かもしれない、と思ってきた。

 

ただ、物事や出来事に対して、何かを思うなら、せっかくなので、やっぱり、良いことを考えたい。自分が幸せになれるように、都合よく捉えたい。

そうやっていけば、周りのことや、他人のことも、気にならない。自分のことを決めるのは自分、でありたい。

 

f:id:hiyorico:20160218035546j:plain

 

悪いことを見て憂鬱になりたくない

たぶん、たくさんの人が、悪い面に注目している。悪い結果に、自分を責める。悪いことばかりだと、諦めてしまう。「現実を見なきゃ」と言って、諦めた人同士、悪いことについて語り合う。 

それを否定するわけではないけど、私は、そういうのは嫌だなぁ。自分のことも嫌いになっちゃうし。嫌な気持ちになることは避けたい。そんな現実からは、すーっと、距離を置きたい。

 

悪いことを見ない、嫌なことから距離を置く、というのは、自分に嘘をついて、ごまかして、逃げるということではない。本当にそれが自分にとって、必要で、立ち向かうべきことなのであれば、そういうタイミングが来ると思う。タイミングが来るまでは、あえて、悪いことや嫌なことで、憂鬱になる必要はないんじゃないかな。

私が、今までに辛かったのは、仕事のことや両親のことだけど、あの頃は、たぶん、他に良いこともあったのに、悪いことだけを気にし過ぎていた。目を逸らして、距離を置くこともできたはずなのに、そうしなかった。意外と、真面目だったのかもね。

 

都合よく生きても自己中ではない 

良いことばかりを見て、自分に都合よく捉えて、そんなのは自己中だと批判されるかもしれない。

でも、自分を中心に考えて、自分の基準を作らないと、たぶん、いつまでも幸せにはなれない。自分くらいは、自分のことを考えて、褒めて、甘やかしてもいいんじゃないかと思うんだけど。

 

他人を優先すべきだと強要することは、なんだか、おかしいような気がする。

当然のように、他人を優先すべきだと考えられる人は、たぶん、それまでに、周りの人間関係に恵まれて、優しくされてきた人だろうと思う。その恵まれた環境に感謝して、受け取ってきた優しさを、今度は、周りに分けてくれるといいなぁと思う。

 

悪いことに対処するだけで、自分のことだけで、精一杯な人もたくさんいる。私も会社員時代はそうだったし、今でも、他人のことにまで気を回せないや。

でも、それは批判されるべきことではなくて、自分のできるときに、できることをやればいいよね。自分を守ることが、最優先でいいんじゃないかな。

 

本当に、ものすごく優しい人は、自分の考えを、他人に強要することはないと思う。

それを押し付けるのではなく、自分よりも、他人のことばかりを優先してしまう人は、きっと、ものすごく優しい。他人のことばかりで、いつも、自分のことは後回し。

それで心から納得して、満たされているならいいんだけど、もし、それで自分に対する不足を感じるなら、やっぱり、自分を優先すべきだ。まずは、自分が幸せになった方が、もっと、他人を幸せにできるんじゃないかと思う。

 

みんなが都合よく生きてもたぶん問題ない

私は、みんなが、良いことばかりを見て、自分に都合よく捉えても、自己中だらけの迷惑な世の中にはならないんじゃないかと思う。人が何かをするときには、結局、自分が納得していることだけを、実行するんじゃないかな。

私は、性善説でみんな根本はいい人だと思っている。心の底から満たされて幸せになった人は、勝手に、世の中の役に立つことをし始めるんじゃないかなぁとか思っている。

 

たまに、文字通りの自己中で迷惑な人もいて、嫌な気持ちになることもあるけど、きっと、そういう人は、悪いことに注目していて、どこか満たされてないんだろうと思う。

他人を優先してばかりいて、自分の言いたいことも言えず。どこかで限界が来ておかしくなっているのに、その状態が当たり前になってしまって、自分や人の気持ちもわからず。嫌なことをしているのに無自覚か、気付いても、それを正す自制心が無くなってしまっている。そんな感じの印象。

私の父も、たぶん、そうだったのかなぁと思う。昔は、嫌いだったけど、きっと、かわいそうな人なのかな。

 

私は、何かあると、相手を批判してしまう。でも、物事や出来事と同じで、人にも色々な面があるから、本当は、自分が見たことだけで、判断してはいけないよね。そう思うと、私は、本当にいつまで経っても、大人になれないひよっこだ。

とはいっても、誰でもを受け入れて、優しくするなんてことを目指すのも、何か悟りを開かないと無理な気がする。仏かな。私は人間だもの。

 

なんかもう、書いていることが、思いがけない方向に来ちゃった。最初にちゃんと、ゴールを決めておかなきゃですね。

 

f:id:hiyorico:20160218040916j:plain

 

考えすぎると誰にも何も言えないや

私は、どんなことがあっても、本気で、なんとかなると思っていて、せっかくだから、楽しく幸せに生きていきたい。でも、そういう言葉や生き方は、無責任で投げやりだと思われてしまうこともある。

だからといって、色々な考え方は、人それぞれの環境や経験によってできあがっているから、他人に自分を合わせようとしても、無理を積み重ねていくだけになってしまう。自分に他人を合わせようとしても、うまく伝わらないし、押し付けになってしまう。そういうことは、するべきではない。

悪いことを気にし過ぎたり、自己嫌悪になったりしている人に、それは違うよ! 良いこともあるよ! って言うのもおかしいし、たぶん、言ってみたところで伝わらない。相手の、辛い状況もなんとなくわかるけど、周りが何かしたところで、結局は、その人が乗り越えなければいけないことだ。

でも、冷たく突き放すのではなく、共感して寄り添うことも必要なんじゃないかとも思う。

もっと、自分を中心に考えて、自分に都合よく捉えてもいい。限界なら、すべて放り出して、身軽になって、自分のために休憩するのもいい。

 

結局人それぞれ自己責任論になってしまうー

でも、そんな考え方を受け入れることができる、お気楽な人ばかりではないし。私は、いい加減な方だし、退職してからは特に、周りからもそう見られているだろうし。

私にとって、楽しくて幸せなことが、相手にとってもそうだとは限らない。むしろ、私は極端にお気楽な方なので、たぶん、相手に何かを勧めてはいけない。

私は、そんなの距離を置いちゃって、もっと自分に都合の良いようにして、休憩して、それでなんとかなるじゃん! って、本気で思うんだけど。

でも、相手の人生には責任取れないし。結局、自分で考え続けて、納得できる答えを出して、行動に移すべきことだし。

こんなことを、ぐるぐると考えていて、何になるんだという気もするし。

 

こんなに長文を書いても、結論は出ず、言いたいこともまとまらず、堂々巡り。何を考えたいんだかも、よくわからないや。うわー。

 

こんな感じですが、私は元気です。

元気だから、なんとかなる。

 

 

---

昨日? 今日の? 深夜のテンションで、うわーっと書き出したこと。病みモードっぽく見えるかなと思ったけど、そうでもないかな。そのままアップします。毎日日付ギリギリ更新を脱する!

いまだにブログ人格が定まらない、ね!

 

今日も元気に、今から活動開始です。

 

-未分類