正社員辞めてみた

※ 6/23〜ブログ設定変更中につきエラーページが表示されます。お見苦しい点がありご迷惑をお掛けします…

未分類

脱ニートしたけどまだ無収入の私の最悪の未来を想像してみた

2016/07/12

Pocket

どうも。無収入の私です。

氷河期に苦労して入った大企業のブラック部署を退職し、「もう、しばらくは働きたくない・・・。」と、ニートとしてふらふらした昨年。

f:id:hiyorico:20151230213039j:plain【新卒2年で会社を辞めた話】全文まとめ
新卒2年で会社を辞めた話             会社を辞めたのはこの人↓  

 

 

そして、今年になり、「一応、これからやることの方向性は決まったし! どうせいつかやるなら、早い方がいいよね! タダだし! えいっ!」と、個人事業主になった。

f:id:hiyorico:20160104220912j:plain仕事始め!特別な日!
1月4日。今日から、仕事始めですね。ついに、私(クリスマス前から引きこもり)も、世の中が動き始めるのに合わせて、行動を開始しました。 初詣へ行きました今日からみ...

 

 

勢いしかない私。見切り発車だから、未だ収入は無い。というか、まだ事業の準備ができてない。

たぶん、順番が普通と違っちゃってるんだよね・・・?

 

現在、無収入なので、貯金を切り崩して生活してる。

失業手当も貰ってない。ハロワに行くのがめんどくさかった。退職してから中途半端な時期に、農家のバイトもしたし。貰えるものは貰うべきだった。バカ。

ちゃんと、税金も払ってるし、身内には頼らず自分でやりくりしてるので、無収入だけど、ちゃんと生活してるよ。これからも、なんとかなるつもり。

 

でも、昨晩寝る前に、ふと、私にこれから待っている最悪の未来を想像してみた。

この調子で、事業がうまくいかなかったとして、事業以外のバイトをするとしても、1年後くらいには、東京で今の生活水準の一人暮らしをする限界になると思う。

そのとき、私はどうするのか。

1年後の年度末だとして、27歳無職、独身の私、になる。

 

27歳無職、独身の私がやること

1. 海外ワーホリに行く!!!

これは、去年の夏にふと思いついて、そのときから決めてる!!!

前は、貯金が尽きる前に、世界一周バックパッカーして、実家に戻ろうと思ってたけど。でも、そういう世界を周ってる知り合いに聞いたら、どうやら、オーストラリアのワーホリ頑張れば、1年で200〜300万円貯金ができるとのこと。私が正社員で貯金できた金額より多い!!!

 

1年間ワーホリして、200万円の貯金ができて、英語も話せるようになるなんて、最高じゃないですか!!! そのお金と能力があれば、また別の何か新しいことに十分トライできるよ!!!(もちろん、行き先や現地での過ごし方によるけど。)

素晴らしい案。

私、ワーホリ行く。絶対。

 

しかも、ワーホリしたいって、昨晩ツイッターでつぶやいたら、ワーホリ経験者や海外在住の方から、ぜひやるといいよ! ってオススメするリプライをいただけました。経験者のお言葉、説得力ある。

やっぱり、やるべきなんですね!!! やる気MAX!!!

 

2. 前職の業界の派遣社員になる

前職で資格を取ったんですよ。

資格を使って、同業他社に再就職できるかな、って軽い気持ちで考えてたんだけど。でも、よく考えてみると、最近派遣も増えてるらしいなーと思って、求人を調べてみたら、たくさんある!!! 給与も私の会社員時代と同じか、それよりも多い!!!

それで、派遣だから、基本的に残業もしなくていいんでしょ? メインの正社員がいて、それの補佐くらいの感じでしょ? 転勤も無いでしょ?

すごい。正社員時代と同じくらいのお給料、少ない労働時間で、東京に住める。

 

女性が働きにくい業界で、30代以上の女性営業が全然いないので、正社員時代も、「30歳超えたら、私はどんな働き方するんだろう?」って思ってたんですよ。結局、いつか営業外れたり、転職したりするなら、最初から派遣として複数企業の営業マンやってみる方が、キャリア的に良さそうな気がする。

 

派遣ありだな。

もう十分休んだし、自分の好きなことも前よりわかってきた。久しぶりに、がっつり営業して、数字を詰めるのも楽しいかなーと思う。そして、私は前職では長時間労働がきつかっただけで、営業は好きだし、たぶん性格的に向いてる。 

良い案。

 

3. 公務員試験を受ける

公務員、性格的に向いてない。ルーティンの事務作業、飽きそう。

でも、年齢的にOKだし、安定してるし、前職と比べたら仕事内容は楽だし、なによりも、残業代が出る。(身内や友人が公務員だらけなのでその情報。)

 

国Ⅰは全然違うんだろうけど。地元に戻って地方公務員なら。

事業に失敗したんだから、「仕事は生活費を稼ぐためのもの」と割り切ってやるのであれば、これ以上の職場は無いのではないか。

東京暮らしが無理だと限界がきたら、考えよう。

 

4. 地元で再就職する

何もかもがダメだったら、東京から実家に撤退して、地元の就職先を探す。田舎は求人も無いっていうけど、選ばなければある。

少子高齢化が進んでる田舎なので、介護職の人手が全然足りてない。介護、大変だろうけど、やりがいはありそう。たぶん、前職の知識も活かせるし。

私の祖父母も、今は元気だけど、いつ介護が必要になるかもわからないし、ちょうどいいや。 

 

5. 農業をする

昨年夏の、南の島の農業バイトでわかった。田舎の農家も、人手が全然足りてない。

農業ハードだもん。

でも、私は楽しかった。脚ムキムキになるし。ごはんおいしいし。

あんなにハードなのに痩せないけど。

f:id:hiyorico:20151230212851j:plain会社を辞めたので、南の島で農業をしてみた話。島の生活と景色。
ブログをはじめてから、ずっと重い内容ばかり書いてきたので、今回は、全然違うプライベートの楽しかった話で、今年を締めたいと思います。  謎の実行力無職...

 

たぶん、旦那さんも見つかる。27歳どころか、30歳40歳でも、全然、 引く手数多ですよ。(南の島で農業をしてみたときの情報。)

 

27歳無職、独身の私、めっちゃ楽しみ!!!

以上のようなことを考えてたらですね、とてもわくわくしてきて、楽しみになったのが、昨日の夜です。わくわくしたまま眠りにつきました。

事業がうまくいかないって、わくわくしてる場合じゃないんだけどね!!!

私は、かなり楽天的な方です。

 

でも、正直、思ってるほど最悪のことって、なかなか起こらないよね。

 

今浮かんでくる、最悪の場合って、重い病気になるとか、事故にあって身体が不自由になるとか。そういうことは、どんなに気をつけていても、自分がそうなるときはなるものだから、考えても仕方ないよね。

 

前に、有名な起業家さんの講演会に行ったとき、その方は、若い人が貯金をすることに反対してて、こんなことを言ってた。

「どうせ、若いうちに貯金したって、何百万円にしかならないでしょ? 『もしものときのために・・・』って、『もしものとき』には、何百万円じゃ足りないから。」

 

たしかに。

もちろん、備えあれば憂いなしですが。私程度の能力では、どんなに頑張っても、大金を貯金することはできないので、今のところは、将来への備えは、そんなに気にしなくていいやと思った。

 

個人的には、お金が無いのも、借金ができるのも、そこまでたいした問題では無いと思う。

昔、色々な経緯があって、自己破産した人たちと接する機会があった。その人それぞれの性格や状況にもよるけど、お金が無かったり、借金があったりするだけでは、人生終わりにはならない。

そういう話も、いつかブログに書きたいと思ってるんだけどね。

 

まあ、私は個人事業だから自己破産できないし、病気や事故でどうしてもっていう場合以外は、借金をするつもりはないですけど。そういう本当に困ったときには、社会福祉があるしね。

事業をするうえでも、減価償却するような投資? はしません。簿記わかってないから、いい加減なこと言ってるけど。とりあえず、自分の貯金が尽きたら、終了!

 

 

こんな感じで考えてみると、私の将来は、どうなっても楽しそうです。

楽しいと思ってれば、楽しい。たぶん、どんなことがあっても、最終的には、なんとかなる。はず。

ワーホリ!!!

 

-未分類